【ファーストタッチ】 150t超重戦車 オイ (安田征策) ~ O-I Super Heavy Tank

【ファーストタッチ】 150t超重戦車 オイ (安田征策) ~ O-I Super Heavy Tank

オイ車(本キット)と97式中戦車(フジミ、ドラゴン)とを並べてみると…

150t超重戦車 オイ (O-I Super Heavy Tank / finemolds)

【 製作者からのコメント 】

「150t 超重戦車 オイ (オイ車)」について (開発前夜編)

 第1次世界大戦後から1930年代前半にかけての世界的な趨勢として、「多砲塔戦車」の研究と開発が各国で行われるようになりました。
 この「多砲塔戦車」は、多くの砲塔や銃塔で敵を制圧して突き進むという陸上軍艦の如き役割を想定したもので、巨大で重厚な見た目のインパクトの強さから、戦場において雌雄を決する超兵器になるものと思われていました。

 日本陸軍では1935年に、主砲塔の他、前部に副砲塔、後部に銃塔を装備した多砲塔戦車「95式重戦車」を制式化しますが、当時の日本陸軍は予算の関係から質よりも量を求めており、これは4両のみの生産に止まり、その後は軽戦車、中戦車の開発に傾倒するようになります。
続きを読む

パトリオット PAC-3 (安田征策)

パトリオット PAC-3 (安田征策)の画像

1/144 マツオカステン製 PAC-3 (MM104改 パトリオット地対空ミサイルシステム)

パトリオット PAC-3

【 製作者からのコメント 】

 「パトリオット PAC-3」は、対空ミサイルシステム「パトリオット」シリーズの最新バージョンです。その前のバージョンである「PAC-2」は、湾岸戦争時にイラク軍が発射した弾道ミサイル「スカッド」の迎撃で活躍しましたが、迎撃率は50%ほどで、弾道ミサイルなどの迎撃能力をさらに高めたのが「PAC-3」です。
 もちろん、「PAC-3」は「PAC-2」と比べて高価であり、通常の戦闘機、爆撃機では「PAC-3」程の能力を必要としないため、自衛隊では「PAC-3」と「PAC-2」との両方が装備されています。
 ちなみに、箱型のミサイルキャニスターは必要に応じて増減が可能なため、キットのような連装式だけではなく、単装から4連装までの状態が見られるようです。

続きを読む

グリレ17 ~ ドイツ軍が拘った自走砲の要件 ~ (安田征策)

グリレ17 ~ ドイツ軍が拘った自走砲の要件 ~ (安田征策)の画像

1/144 マツオカステン製 レジンキット グリレ17

グリレ17 ~ ドイツ軍が拘った自走砲の要件 ~ (安田征策)

【 製作者からのコメント 】

< グリレ17について >

 ドイツ軍は、自走榴弾砲にやたらと強い拘りを持ち続けました。
 それは
 1. 旋回式砲塔による全周射撃が可能
 2. 砲を積み下ろし可能とする
という2つの能力です。
続きを読む

オブイェークト 279  (安田征策)

オブイェークト 279 (安田征策)の画像

全体的に「オブイェークト279」 のシルエットを良く表現しています

オブイェークト 279  (安田征策)

【 「オブイェークト 279」作成について製作者からのコメント 】

<「オブイェークト279」について>

 「オブイェークト 279」は、核攻撃下でも行動できる戦車として開発された車両です。
 核による爆風を逃がすために甲羅のような形状の車体と、爆風で横転しないように4連式の装軌装置をもった足周りを装備しています。さらに実際に核攻撃があった時には、車体を沈めることで安定性を向上させるシステムとなっています。
 ただ、このように使用目的が限定される戦車は汎用性に欠け、生産コストも極めて高くなってしまうため試作に止まり、量産されることはなかったようです。

続きを読む

PL-01 コンセプト (安田征策)

PL-01 コンセプト (安田征策)の画像

ポーランド軍が計画する次世代のステルス戦車がPL-01です

PL-01 コンセプト (安田征策)

【 製作者からのコメント 】

<「PL-01」について>

 「PL-01」は、ポーランドとイギリスの兵器メーカーが共同開発したポーランド軍の次世代戦車です。
 ステルス機能を重視した設計で、表面部の凹凸を極力減らしたノッペリとした外観が特徴で、砲塔後部の穴は対戦車ミサイルなどをアクティブ方式で迎撃するシステムのようです。
 この「PL-01」は、あくまでも設計コンセプトを示すための車両で、車体のベースはスウェーデン製の歩兵戦闘車「CV90」が使用されています。この「CV90」は歩兵戦闘車としては大型で重い車両ですが、さすがに戦車ではないので搭載できる主砲などの制約が大きく、PL-01が量産される場合には専用の車体となると推定されています。

続きを読む

LAV-AT (安田征策)

LAV-AT (安田征策)の画像

LAV-25のバリエーション車輌、2連対戦車ミサイルを搭載

LAV-AT (安田征策)

【 製作者からのコメント 】

<「LAV-AT(LAV-25AT)」について>

 「LAV-25」は、アメリカ軍全体が「装甲兵員輸送車と言えば装軌式」と決めていた時期に、アメリカ海兵隊が導入した「装輪式」の装甲兵員輸送車です。
 ベースとなった車両はスイスのモワーグ社が輸出用として開発した装甲車「ピラーニャ」で、軽快な機動性能を持つ「LAV-25」の登場によってアメリカ海兵隊の機動力はより向上しています。
 正規軍同士の正面戦闘が少なくなった現在では、このような機動力の高い装甲車の方が活躍する機会が多いようです。
 「LAV-AT」は、「LAV-25」系列の対戦車型で、車体上部のランチャー部分に対戦車ミサイル「TOW」を2基装備、高い対戦車能力を持っています。

続きを読む

93式近距離地対空誘導弾 (安田征策)

93式近距離地対空誘導弾 (安田征策)の画像

高機動車をベースとした近距離防空ミサイルシステム

93式近距離地対空誘導弾 (安田征策)

【 「93式近距離地対空誘導弾」の製作についてのコメント 】

続きを読む

【Mズ展 2014】 T-34/76 1943年型 (安田征策)

【Mズ展 2014】 T-34/76 1943年型 (安田征策)の画像

無改造ストレート組み、アクリル水溶き塗装法での仕上げ

【Mズ展 2014 展示作品紹介】 T-34/76 1943年型

続きを読む

T-90 溶接砲塔型 (安田征策)

T-90 溶接砲塔型 (安田征策)の画像

正面より。増加装甲を装備した砲塔、一番目を惹く場所ですね。


T-90 溶接砲塔型 (安田征策)の画像

後ろより。グリル部は全て彫刻、サイドスカート、履帯部は別パーツ。

T-90 溶接砲塔型

【 製作者からのコメント 】

 雑誌作例ではほぼ1/35スケールばかりを製作していますが、幼少の頃より1/72スケールAFVのミニスケールファン、「改造しちゃアカン!」に熱中した世代でもあります。雑誌作例のスケジュールに追われてしまうと、自分の作りたいものを作る時間が削られていってしまうのですが、1/144スケールのキットならば?と思い物色してみるとなかなかデキのよさそうなキットを発見。

続きを読む

4号対空戦車 オストヴィント (4号戦車G型車体) (安田征策)

4号対空戦車 オストヴィント (4号戦車G型車体) (安田征策)の画像

車体前面より~ツィメリットコーティングはパーツのまま

4号対空戦車 オストヴィント (4号戦車G型車体)

<「オストヴィント」と「4号車体」について>

「オストヴィント」は、同じ「4号戦車」をベースにした対空戦車「ヴィルベルヴィント」の火力強化型にあたります。
口の悪いエムズの店長は「ヴィルベルヴィント最強!」と断言していて、確かに4連装の機関砲を搭載した「ヴィルベルヴィント」に対して「オストヴィント」は単装式と、素人目には火力が弱そうな印象を受けます。
しかし、「ヴィルベルヴィント」が搭載している「37mm機関砲 Flak43」は大変優秀な機関砲でして、低伸弾道性能と有効射程、発射速度に優れ、大口径の機関砲としては最良の兵器でした。もちろん、威力は「20mm機関砲」とは比べものにならない程の破壊力を誇り、装甲板を装備していた連合軍の戦闘爆撃機に対して充分な対空能力を持っています。
また、その長いリーチを活かして対地攻撃を行う戦闘爆撃機に対して有利な戦いを展開することが可能です。「ヴィルベルヴィント」の実車写真では、撃ち合いによって撃破されてしまったシーンを良く見かけますが、「オストヴィント」の場合は戦闘爆撃機が機銃掃射を開始する前に有効弾を射撃することができますので、その分優位に立つことができました。

続きを読む