ツメロボット (2G) ~ TUMEROBOT (2G)

ツメロボットを正面から

ツメロボットを正面から

ツメロボット (新造人間キャシャーン) ~ TUMEROBOT (KOTOBUKIYA)

【 製作者からのコメント 】

【 新造人間キャシャーンに登場した「ツメロボット」について 】

 ロボットアニメにおいて、ロボットの「量産型兵器」という発想を登場させたのは、ガンダムの「ザク」あたりが最初だと認識している人が多いのでは?と思いますが、元祖はこの「ツメロボット」でありましょう。
 工場でベルトコンベアに乗って大量に生産されるところから描き、捨て駒のように次々と破壊されても、再びゾロゾロと登場してくるという、これぞ量産型の兵器という扱いで、物語の最初から最後まで活躍します。

【 「ツメロボット」製作にあたって 】

 基本的に手を加えず、キットパーツのままストレートに組み立てています。
 ポリキャップ使用で間接可動となっていますが、いかんせんデザインが見てのとおりですので、さほど自由には動きません。
 頭部、胴体、腕の付け根、足首などは接着線を消す必要があります。
 胴体の赤いボタンのような模様は、前だけは別パーツなのですが、背中側は胴体と一体化してモールドされているため、塗装の際はマスキングが面倒に感じるかもしれません。
 顔面の目と、頭部左右のアンドロ軍団マークは、懐かしさを覚える紙シールで再現しており、手軽ではあるのですが、残念ながら紙が厚すぎてプラモデルとしては使い物になりません。ここは絶対にデカールが欲しかったところです。

【 「ツメロボット」完成後の感想 】

 まさかこんな懐かしい、さほどメジャーでもないキャラクターが、新製品のプラモデルとして発売されるなんて誰が予想できたでしょうか。世代人としては涙が出そうになります。このキャシャーンシリーズのプラモデルは継続されるようで、次も楽しみです。
 組み立ては簡単で、すごくいいプロポーションをしていますよ。

ツメロボットを背面から

ツメロボットを背面から


【 製作概要 】


↓ブログランキングに参加中↓ 「よかった」「おもしろかった」ときにはクリックお願いします!

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中