フォッケウルフ Ta152H-1 (おかやまん) ~ Focke Wulf Ta152H-1 (Okayaman)

フォッケウルフ Ta152H-1 (おかやまん) ~ Focke Wulf Ta152H-1 (Okayaman)

Focke Wulf Ta152H-1 (TRIMASTER 1/48)

フォッケウルフ Ta152-H1

【 製作者からのコメント 】

 大戦中のドイツ最後のレシプロ戦闘機となった「フォッケウルフ Ta152」、対「B-29」などを想定した高高度戦闘機なのでアスペクト比の高い翼を備えているのが目立った特徴と言えるでしょう。
 設計者のタンク博士が試験飛行に乗った際、2機の「P-51」の迎撃を受けるのですが難なく振り切ったというエピソードが残っています。

フォッケウルフ Ta152H-1 (おかやまん) ~ Focke Wulf Ta152H-1 (Okayaman)

機体正面から全景


 今回製作したキットは今は無きトライマスター製。ハイブリッドキットなので初心者向きではないのですが、組んでいくと実機の格好良さが実感できて非常に楽しい時間を過ごすことができました。
 造型村でも1/32でこの「Ta152」をキット化しているのですが、軸線上の「30mm機関砲」を再現しているのは造型村が初めてだとアナウンスがあったように記憶しています。ただ、このトライマスター製キットでも軸線上の「30mm機関砲」を再現していましたので、こちらの方が初めてではないかな?と思います。
フォッケウルフ Ta152H-1 (おかやまん) ~ Focke Wulf Ta152H-1 (Okayaman)

コクピット周辺、エンジン点検パネルを開けたい派なので、意地でもあけます


 また、トライマスター製の「Ta152」の翼端はラウンド状になっているのですが、造型村の「Ta152」は直線状になっています。「Ta152」はクリップドウイングが正しいようで、トライマスター製では「D-9」と混同されているように思えます。
フォッケウルフ Ta152H-1 (おかやまん) ~ Focke Wulf Ta152H-1 (Okayaman)

エンジンは付属のプラスチック製パーツを使っています


【 製作概要 】

  • スケール : 1/48スケール
  • 使用キット
    • フォッケウルフ Ta152H-1 (トライマスター 1/48)

↓ブログランキングに参加中↓ 「よかった」「おもしろかった」ときにはクリックお願いします!

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中