猫背でANAブルーなゼクアイン (とっしー)

猫背でANAブルーなゼクアイン (とっしー)の画像

猫背でANAブルーなゼクアイン (とっしー)

【 製作者からのコメント 】

 2014年度、今期の第1作目。
 HGUC「Zプラス」の発売を聞き、有志のメンバーと「センチネル祭り」を敢行することに決定。まずは既存のキット「ゼクアイン」から手をつけていきます

<「ゼクアイン」組み立てと改修>

猫背でANAブルーなゼクアイン (とっしー)の画像

ストレート組み状態のゼクアインと設定画との比較

 サクサクっと仮組みをして、後はどうやって弄ぶかと「ガンダムウォーズ 3 ガンダムセンチネル」の設定画と照らし合わせて検討してみます
 発売時には「似てない」との噂もあったのですが、設定画と似たポーズを取らせてみると、案外違和感が無い事に気付きます。
 HGUCシリーズの中には完成見本の写真で不当な評価を受けているキットがよくあるのですが、これもその口みたいです。
 しかし、後ろ姿を見るとやはり「ゼク・アイン」独特のドシッとした設定画とは似つかないスマートな体型。設定画は2次元の虚構とも言えるのかもしれませんが、腰を短く、太ももを太く短く、バックパックのタンクを大きくしたら化けるかな?

 というわけで、設定画に近づけるべく、ちょこっと改修をします。

猫背でANAブルーなゼクアイン (とっしー)の画像

ストレート組みと改修後のゼクアインの比較


 腰の部分は5mmカットして幅詰め、足首は逆に5mm幅を増し、太もも部分は3mm程カットして幅詰めをしています。
 スネの装甲部分のシルエットを改修したかったのですが、時間がかかりそうなのであきらめて、バックパックのタンクをウェーブのGタンクパーツへと置き換え、ノズルは手元にあったジャンクパーツで気持ち大型化しています。
 あと、シールドの裏側がスカスカで寂しかったので、プラ板を加工してふさぎました。

<「ゼクアイン」の塗装にはANAカラーを使用>

 塗装には「ゼク」シリーズの機体色「青」にピッタリやと信じて疑わなかった、クレオスの「ANA 旅客機 カラーセット」の「トリトンブルー」を使用、塗るのが難しい青なのに、重ねてもムラにならず、塗りやすい塗料でしたね。
 機体色「青」の発色を良くすべく、パーツ色が青のところのみサーフェーサーで下地を作っています。

<そして「ゼクアイン」の完成へ>

猫背でANAブルーなゼクアイン (とっしー)の画像

完成後の姿 ~ 正面から

 およそ20時間ほどで完成。「ゼク・アイン」は後ろ姿がカッコいいんですが、写真でみると猫背で困ってるようにも見えます…かね?
 次はお待ちかね「ゼク・ツヴァイ」といきたいところなのですが、「ライノ(F/A-18 ホーネット)」への誘惑が強くてそちらの方へ流れてしまいそうです。

 ↓製作過程はこちらにまとめています↓
 HGUC ゼクアイン (togetter)

猫背でANAブルーなゼクアイン (とっしー)の画像

完成後の姿 ~ 背面から


【 製作概要 】

  • スケール : 1/144スケール
  • 製作時間(期間) : 20時間 (およそ1ヶ月に渡り)
  • 使用キット


↓ブログランキングに参加中↓ 「よかった」「おもしろかった」ときにはクリックお願いします!

 にほんブログ 村 その他趣味ブログ 模型へ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中