1/72 メカニックガンダムを元ネタイラスト風に製作 (2G)

1/72 メカニックガンダムを元ネタイラスト風に製作 (2G)の画像

パイロットまで内部露出に!

1/72 メカニックガンダムを元ネタイラスト風に製作

【 製作者からのコメント 】

 「当時は高価で買えなかった」という思い出のプラモデル。

 ただし、このメカニックモデルは「メカニックガンダム」と「メカニックザク」の2種しか発売されていなくて、正式にシリーズ化されていなかった「のけ者的商品」な印象があり、内部構造の関係でアクションポーズもとらせられないプレイバリューの無さなどで、ガンプラ人気の真っ最中ですら、やや不人気感のある商品だった記憶があります。これ1/60スケールだったら欲しがった子供も多かったかもしれませんね。

1/72 メカニックガンダムを元ネタイラスト風に製作 (2G)の画像

後方から見れば、ジャンボスケールのガンダムなのですが…


1/72 メカニックガンダムを元ネタイラスト風に製作 (2G)の画像

正面からはガンダム内臓メカを解剖!ビームライフルは取り外しています

<「メカニックガンダム」キットの仕様について>

 キットは内部メカの各部にムギ球を仕込めて、台座の電池ボックスとスイッチでピカピカと光らせることができる、なかなか楽しい商品ですが、そもそもムギ球で光る意味がわからない(笑)のと、配線作業が面倒だったので電飾まではオミットしました。
 古いキットですけど、組み立ててみるとプロポーションは当時のアニメの作画に似ている感じで好感が持てます。
 「バズーカ」や「ジャベリン(!)」まで付属して充実しているんですけど、でも、ポーズがつけられない点が致命傷だったのかもしれませんね(笑)

1/72 メカニックガンダムを元ネタイラスト風に製作 (2G)の画像

ガンダムの頭脳とカメラアイを解析っ!

<「メカニックガンダム」製作時の改造ポイント>

 「メカニックガンダム」のキットの元ネタとなったのはアニメ放映開始時に幼年向け雑誌に描かれた内部図解のイラストのようですが、なんと、左右が逆にキット化されており、元絵では左半身のメカが露出しているんです。「メカニックガンダム」のキットは右半身がメカになっています。商品化に際して「なぜ左右反対になった?」のかは謎です。
 あと、元絵では、握り拳や足先までメカが描かれていますが、キットでは省略されています。今回は足先だけはニッパーで切り欠いて戦車のジャンクパーツなどを適当に入れて内部メカ風にしてみました。握り拳も再現したかったのですが、こちらはライフルを持たせたかったのであきらめました。

1/72 メカニックガンダムを元ネタイラスト風に製作 (2G)の画像

胸部~コアブロック~腰部、パイロットは2重に保護されていますw

 そのほか、元のキットは右半身をまるまるメカ出し状態で組む指定となっていますが、元絵の感じで、腰まわりやヒザの装甲は一部が残してあるような状態にパーツを加工して改造しています。
 足底がちょっと薄くて貧弱だったので、プラ板を何枚か重ねて上げ底にしています。また股間パーツの取り付け角度を強引に変えて、設定画のようなヒザが左右に開いた人間的な感じの立ち方に見えるようにしています。それ以外の基本的プロポーションには手を加えていません。

1/72 メカニックガンダムを元ネタイラスト風に製作 (2G)の画像

脚部メカ、足先部分はジャンクパーツによるデッチアップ、ダムの輪郭に好感が持てますw


【 製作概要 】

  • スケール : 1/72 スケール
  • 製作時間(期間) : うーん、不明。でも結構がんばりました。
  • 使用キット


↓ブログランキングに参加中↓ 「よかった」「おもしろかった」ときにはクリックお願いします!

 にほんブログ 村 その他趣味ブログ 模型へ

Mズ展 2014 開催のご案内

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中