ホンダ NSR500 ’84 カウリング一式 (hamachamps)

ホンダ NSR500 '84 カウリング一式 (hamachamps)の画像

1984年のNSR500 ゼッケンNo.1はフレディ・スペンサー

ホンダ NSR500 ’84 カウリング一式

【 製作者からのコメント 】

 作りたいキットが発売されるまでの軽いツナギでサクっとカウルのみを製作。7月に製作予定のフルビュー版を展示する際のアクセサリーになればいいな、と。
 車体装着時と同じスタイルで飾れるカウルラックは「アオシマ NSR250R」を作成した際に得たノウハウを生かして製作しています。 

ホンダ NSR500 '84 カウリング一式 (hamachamps)の画像

NSR500 ’84 カウル前方より

<ディテールアップポイント、製作時の注意点>

 ・ リベットディテールの付加 HiQパーツのマイナスモールドリベット(1.5mm)の角を削って丸めて、平丸のマイナスネジ(ファスナー)風に整形後、カウルに埋め込んでいます
 ・ デカールで使用したのは「文字」「ステッカー」ものだけ。デカールの質は硬く、貼付する際に割れてきます!ベタ色の部分は全滅しました。このデカールを貼付できるのは真の上級者ぐらいじゃないんかなぁ?
 ・ カウルラックは自作。組立説明書の側面図からマウントポイントの位置を割り出し、プラ棒・プラ板でスクラッチしています。

<完成後の感想>

 付属のタミヤ製デカールは薄く・硬く・割れやすい性質のもので、青帯と黄ゼッケンベースのベタ色デカールを貼付する際にビリビリに割ってしまい失敗。結局「赤」「黄」「青」の3色塗りわけ部分は塗装しています。
 赤塗装用のマスキングシートは精度も高く使いやすいものでした。このマスキングシートの3色対応版があればすごく便利なのに、と強く思います。
 クリアコートはやや厚めになったかな?もう少し薄くシャープにしたかったです。

 ↓製作過程はこちらにまとめています↓
 タミヤ 「ホンダ NSR500 ’84」製作記録 (外装編) (togetter)

ホンダ NSR500 '84 カウリング一式 (hamachamps)の画像

NSR500 ’84 カウル後方より


【 製作概要 】

  • スケール : 1/12スケール
  • 製作時間(期間) : 1ヶ月 (2013年5月1日着手 ~ 31日完成)
  • 使用キット


↓ブログランキングに参加中↓ 「よかった」「おもしろかった」ときにはクリックお願いします!

 にほんブログ 村 その他趣味ブログ 模型へ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中